飼い主必見!犬、猫などのペットの円形脱毛症その3

ペットの脱毛症治療の方法:犬の場合

円形脱毛症の治療法は人間の場合には
非常に多くの方法が見いだされ実用されて
います。
犬の場合も人間と同様に多くの脱毛の治療法が
確立されているのです。

 

ホルモンの異常によって起きている脱毛の場合には
皮膚の色が黒くなっていたり、
乳房が大きくなったり
外陰部が大きくなっていることが
同時に起こってきたりもするのです。

獣医師さんに血液検査や皮膚や毛根の状態を
しらべてもらえば脱毛の原因がはっきりわかって来るのです。

 

避妊手術によって脱毛症が治ってしまう場合もあるのです。
細菌や寄生虫による感染が原因の場合には
それを取り除いてしまえば脱毛症が非常に短い期間で治って
しまうことにもなるのです。
2-3週間程度で脱毛症が完治することになるのです。

ペットの円形脱毛症:猫の場合

人や犬と同じように猫も円形脱毛症になってしまうのです。
猫の円形脱毛症の原因の一つにストレスが考えられます。
円形脱毛症になってしまうと体毛が
急激に抜けてしまうのです。

ストレスが溜まって来ると猫は
それを解消しようとして体の一部を何度もなめてしまうのです。
それによって体毛が抜けてなくなってしまうのです。

もちろん猫は普段から体をなめているのです。
これはグルーミングと呼ばれています。
一方で、ストレスを感じている猫は体毛を
引きちぎるようになめてしまうのです。

 

この行動は人前ではやらないことが多いので、
飼い主が知らないうちに体毛が抜けてしまう
ことになるのです。

そのままにしておくと、他の疾患の原因にもなります。
下痢をしたり、急激に猫の体重が減ることに成って
しまうのです。
早急にストレスをなくしてあげることが必要になって
くるのです。