飼い主必見!犬、猫などのペットの円形脱毛症その2

犬であっても円形脱毛症になってしまうことがあるのです。
ではどのような理由で犬は円形脱毛症になってしまうので
しょうか?

犬が脱毛症になってしまう要因として一番多いのが
ホルモンの異常によるものなのです。
人間の場合もそうなのですが、体の中のホルモン
以上は毛に少なからず影響を与えてしまうのです。

 

また、栄養が十分でないと脱毛が起きてしまうのです。
同様に栄養のバランスもとても重要になって
くるのです。
さらには、夏などに強力な紫外線を犬が浴びてしまうと
やはり脱毛症となってしまうのです。
皮膚が火傷してしまっても脱毛症になってしまいます。

一方で、精神的な面でも脱毛になってしまうのです。
犬の場合には、人間よりもその意味で繊細であることが
多いのです。

 

上記に挙げたいくつかの要因が複合的に作用して
脱毛症になってしまうこともあるのです。
普段から、やさしく愛情を持って犬に接してあげることで
脱毛症を予防することが出来るようになってくるのです。

「成長期脱毛症」と呼ばれる犬の脱毛症

成長期脱毛症と呼ばれている犬の脱毛症があるのです。
これは成長期に見られる脱毛症なのです。
成長期脱毛症の原因には内分泌異常、
伝染性疾患・代謝性疾患・有糸分裂を抑制する薬剤
などが考えられています。
犬の場合には、自分で脱毛症の治療をすることが
出来ません。

 

飼っている人がケアをしてあげなくてはならないのです。

春から夏にかけての脱毛は正常のものであるので
あまり気にすることは無いのですが、
それ以外の季節に異常な脱毛がみられるときは
飼い主さんが脱毛症の可能性を考えてケアして
上げることが必要になってくるのです。
獣医さんに診察してもらうのが良い方法であるのです。