髪の毛の構造を知ろう!

円形脱毛症の対策を行っていく場合には、
円形脱毛症について理解することも必要になって
きますが、
それに加えて、髪の毛それ自身の性質も
理解しておくことがとても重要になってくるのです。
特に髪の毛の構造の理解が必要なのです。

 

髪の毛の構造は三段構成になているのです。
真ん中に存在しているのが毛髄質と呼ばれている
構造なのです。
髪の毛の骨格をつかさどる部分なのです。
毛髄質を覆っているのが毛皮質と呼ばれる
構造なのです。
毛皮質は毛の色とその状態の決定因子と
なっているのです。
毛皮質を覆っているのが、毛表皮と呼ばれる
構造なのです。
毛表皮はキューティクルと呼ばれることもあるのです。
毛表皮は髪の毛の感触や硬さを決めている部分なのです。

 

これらの構造が少しでも壊れてしまうと
髪の毛が抜けやすくなってしまうので
注意が必要になってくるのです。

髪の毛の成長スピード

髪の毛の成長スピードはどのようになっているので
しょうか?

円形脱毛症の原因がストレスであるときには
多くの場合においてそのままにしておいても
円形脱毛症が治ってしまうことが多いものです。

 

髪の毛も円形脱毛症が治ってしまえば
また生えてくることになるのです。
その場合の髪の毛の成長スピードは
1日あたり0.25から0.35センチメートル
であるのです。
つまり30日間には1センチメートル髪が伸びて
しまうことになるのです。
<>
通常の場合には髪の毛の長さが60-70センチメートルに
なるとそれ以上髪の毛が伸びることが無くなってしまいます。
ちょうど髪の毛の生まれ変わりが起きるタイミングという
ことになってくるのです。
<>
円形脱毛症を考えることを通じて
自分の髪について考えて見ることは
いつまでもきれいな髪でいるためには
とても重要な意味を持ってくるのです。