円形脱毛症の医療用カツラ

部分かつらについて

円形脱毛症の患者さんが使用するかつらには2種類のもの
があるのです。
それは、部分かつらと全かつらなのです。

2種類のかつらは円形脱毛症のパターンに合わせて
使い分けすることができるのです。
部分かつらは頭の一部にのみできた円形脱毛症の場合に
使われることが多いのです。

 

あるいは、髪の毛の量が少なくなった場合に
使われることも多いのです。

部分かつらには「ツーペ」「半カツラ」「トップピース」
「部分ウィッグ」と呼ばれる種類が存在していて、
円形脱毛のパターンにあわせて選ぶことができるのです。
自分の毛と上手に融合させて使うとかつらであることが
判らなくなるほどなのです。

全かつらについて

 

全かつらは頭全体の髪の毛が無くなってしまう
円形脱毛症の場合に使われることが多いのです。
頭全体を覆い隠すためのかつらであるといえるのです。

がんの治療を行っている患者さんや体調不良によって
脱毛が起きてしまったときにも
使われるかつらであるのです。

円形脱毛症のパターンとしては「多発融合型円形脱毛症」
「全頭脱毛症」「汎発性脱毛症(ばんぱつせいだつもうしょう)」
がおきてしまっているときには全かつらが使われる
ことが多いといえます。

 

全かつらのメリットは、脱毛している範囲が移動しても
対応可能であることです。
部分かつらの場合には、脱毛している範囲が移動してしまうと
対応できなくなってしまう場合があるのです。