遺伝的要因と自律神経について

円形脱毛症になってしまう要因にはこれまでいくつかの
ものが提案されているのです。
「精神的ストレス」「内分泌異常」「自己免疫疾患」
円形脱毛症の要因であるといわれているのです。
単独または複数の要因によって円形脱毛症に
なってしまうのです。

 

これ以外にも円形脱毛症の要因が提案されているのです。
「遺伝的な要因」も円形脱毛症の要因であることが
いわれているのです。
すなわち、家族の中に円形脱毛症の人がいる場合には
3割程度の確率で円形脱毛症になってしまうのです。

たとえば、一卵性の双子の場合には双方とも円形脱毛症に
なってしまうのに対して
二卵性の双子の場合には片方だけが円形脱毛症になることが
多いのです。

遺伝子レベルの解析によって
円形脱毛になりやすい特定の遺伝子パターンと
いうものが報告されています。
この遺伝子パターンが円形脱毛症の遺伝的な要因を
決めているのです。

 

自律神経の異常による円形脱毛

自律神経の異常によっても円形脱毛症になって
しまうのです。

自律神経は体の平静を保つための神経です。
ストレスに対しても、自律神経が働けば
ストレスを和らげることができるのです。
適度なストレスは体にとって有効なものです。
ストレスの全く無い生活は無味乾燥としてしまうものです。

 

しかしながら、過度のストレスや
長期間にわたるストレスに対して
自律神経は正常に働かなくなってしまうのです。

自律神経の働きがおかしくなってしまうと
正常な髪の毛の生育が出来なくなってしまうのです。
これは結果として、円形脱毛を誘発してしまうことに
なるのです。