自己免疫疾患とアトピーとの関係

私たちが日常的に健康でいられるのは、
私たちの体の中にある免疫系のおかげなのです。
体の中に入ってきたばい菌を免疫系が胎児してくれるので、
私たちはいつも健康でいられるのです。

この免疫系に不調が起きてしまうと大変なことになって
しまうのです。
自己免疫疾患になってしまうと、本来私たちの体の中にある
成分をばい菌とみなしてしまうのです。
円形脱毛は自己免疫疾患の場合にも起こってしまうのです。

 

自己免疫疾患の場合には
免疫系が髪の毛の毛根をばい菌と思ってしまい
毛根を退治してしまうのです。
その結果として急激な脱毛が起こってしまうのです。

円形脱毛症は
これ以外の免疫系の異常(甲状腺疾患や糖尿病、
アトピー性皮膚炎などによっても起こってしまうと
いわれています。
その原因についてはまだ良くわかってはいないのです。

 

アトピー円形脱毛の因果関係

円形脱毛症はアトピーの人の方が
なりやすいという傾向にあることが
報告されています。

アトピーになってしまう原因はいくつか考えられるのですが、
免疫系の異常によってもアトピーになってしまうのです。

自己免疫疾患によってもアトピーになってしまうこと
があるので、アトピーの人は円形脱毛症に
なりやすくなってしまうのです。

 

アレルギーになりやすい人はアトピーになりやすくなって
しまうのですが、
アレルギーになりやすさは体質に依存しているのです。
円形脱毛症が心配な人の場合には、
まずは、アレルギーになりやすさを自分の体で調べて
見るといいのです。
簡単にキットを使ってアレルギーになりやすさを
調べることが可能になっているのです。